着物の価値はなにで決まるの?

着物の価値はなにで決まるの?

着物の価値はなにで決まるの? 着物を買取してもらう場合にはなるべく高く買取ってもらいたいものです。
しかしこれは着物によって違って来ます。
詳しく知りたい場合は査定を受けるという方法もあります。
しかし価格については百万円単位のものや1千万円単位のものまであって高いとか安いとか いった判断はどのようになれるのか疑問な点も多いものです。
ネットオークションにおいては低価格で取引がなされ価格はますますその価値が分からなくなってしまいます。
一般的には着物は作家が存在します。
有名な作家がかかわっている場合はブランド品と同じで古くても高値が付くとされています。
サイズは大きければ高値になりますし製作過程での技巧や手間も関係しよく使われたものでなくその使用頻度が少ないものほど高く売れる可能性が高いとされています。
従って保存方法もしっかりしていてきれいな状態にあると高値で売れるとされています。
さらに保管と同時にクリーニングを行っているとそれだけ買取の際に手入れの手間もかからず有利になるとされています。

着物にできたしわにアイロンをかけても大丈夫?

着物にできたしわにアイロンをかけても大丈夫? 着物を長時間着ていたりして、かなり気になるしわができてしまうことがあります。
そのしわが、着用している状態であまり目立たないのであれば、しばらくかけておけば気にならなくなることも多いです。
しかし、目立つ部分にできてしまったしわにはアイロンをかけましょう。
中温で、慎重に、ゆっくりとかければ丈夫です。
着物のしわの部分に白い綿の当て布をあてて、その当て布の上から霧吹きで水をかけます。
この、当て布に霧吹きをかけるということがポイントです。
その後、アイロンをかけます。
一箇所に長く熱を当てないように注意しましょう。
また、少しずつしわを消していくつもりで、静かにアイロンを動かしましょう。
金箔がたくさんある部分は、あまり長時間、熱を加えないほうがよいです。
あまり完璧にしわを伸ばそうと思わず、ある程度しわが伸びたらそこでやめて、ハンガーにかけておけば、しわが気にならなくなることが多いです。
着物の扱いに慣れるまでは中温で練習し、そのうち、正絹の着物の場合、高温に温度を上げてみても良いでしょう。